So-net無料ブログ作成
検索選択

サバイバル・キャンプ [イベント]

知人に誘われて2泊3日のキャンプに行ってきた。
キャンプ初心者の私にとっては
けっこうサバイバルだった。

サバイバルって言っても、
未開の地でキャンプしたわけじゃなくて
キャンプサイトでのキャンプだったのだが。

まずは水問題。
トイレはあったんだけど、シャワーはなかった。
トイレの後、手を洗うのも、
食事の後、食器洗うのも
すべて持参した水。
トイレ使用後に関してはウェットティシュが大活躍。
シャワーに関しては・・・浴びなかったよ。
たかだか2日間シャワー浴びないくらいで
死ぬわけじゃないしね。
結局水は足りなくて、ガソリンスタンドに買いに行った。

次に寒さ。
5月も半ばだっていうのに、とてつもなく寒かった。
よくある「寝たら死ぬぞー」を実体験した気分。
キャンプに行くまでは晴天が続いて暖かかったのに
キャンプ決行日から曇天で小雨がぱらつき寒かった。
起きてる時間は、キャンプファイヤーをしていたので
火のそばにいれば、寒さはしのげたが、
問題は寝るとき。
マイナス7℃まで対応だったのだが
寒くて寝付けなかった。
外気がマイナス7℃より低かったとは思えない。
たぶんカナダ人の体感温度に合わせて判断されているのだろう。
だって知人のカナダ人は、パンツとTシャツにその寝袋で
寒くなかったって言ってたもん。
私は下がジャージ2枚に、
上がTシャツ、フリースとパーカでも寒かったもん。

そして最後は熊の恐怖。
その辺でしょっちゅう出るらしく、あちこちに糞があった。
熊が出るということで、一番面倒くさいと感じたのが
食べ物の管理、というか、人間臭の管理だった。
まず、食べ物を落としてはいけない。
元来だらしない私はけっこう緊張したよ。
お皿を洗った水もその辺に捨てられないから
まとめて川に捨てに行ったし、
ゴミもまとめて車の中にしまわないといけなかった。
別に強制されてるわけじゃないんだけど
熊来たら怖いじゃんね。

私が一番びびったのが
夜トイレに行った時。
午前2時くらいに寝たのに
午前4時くらいにトイレに行きたくなっちゃったのよ。
もうみんな寝てるから、一人で行くしかないんだけど、
懐中電灯の場所がわからなくて
寝てる人を起こすのも悪いと思ったから
懐中電灯なしでトイレを目指してみた。
でも午前4時なんて日の出まで時間もあるし、
天気も悪かったから空も明るくなく、目も全然慣れない。
だからトイレがどこだかわからない。
そしてえらく静かで、私が歩く音しか聞こえない。
熊に襲われるならこういう場面なんだろうか、
なんて思いながらフラフラしてたが、
結局戻って懐中電灯を借りてトイレに行った。
無事だったよ、私。

キャンプなんて自分一人では
絶対に行かないだろうから
知人が誘ってくれてよかった。
いい経験ができたなぁ。
・・・ちょっとだけ熊と戦ってみたかったなぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。