So-net無料ブログ作成
検索選択

CDをコピーするのって… [PC関連]

久々に音楽CDをコピーした。

その昔、まだオーストラリアにいた頃は、よく音楽CDをコピーしてたっけ。
元は保存用で焼いたやつが聴く用なんだけど、
なんでそんなことしてたんだろ?
無駄にコピーされたCDが未だにあるわ。

でも最近はCDを聴くことはすっかりなくなって、
たいていはMP3などのファイルにして聴いてる。

だからCDコピーはすごく久しぶりだった。

あれ?やり方わからん!

以前はCDを簡単にコピーできるソフトがあったような。
でもWin10にしてからなくなったのかな?
いや、そうじゃないな。
たぶんアップグレードする前からこのPCにはそんなソフトは入ってなかったんだな。

ということでさっそくグーグル先生。
ImgBurnでできるって。
一手間かかるけど。
もっと簡単そうなフリーソフトもあったけど、ダウンロードしてみたら
ウイルスチェックに引っかかっちゃった。
公式サイトからDLしたものだからた大丈夫なんだろうけど、
念のためそのソフトは使うのをやめた。

だからImgBurnでやってみた。

データをCDやDVDに焼くときはImgBurnをいつも使うんだけど、
音楽CDのコピーは初めてだったので調べながらやった。
リッピングは問題なかったんだけど、焼く時に選ぶファイルがcueファイルだけでいいんだね。
できたファイルがbinとcueだったから両方選んだら英語で注意書きが出た。
だってcueファイルってサイズ小さいんだもん。
心配になるじゃん、これだけしかCDに焼けなかったらどうしようって。
でも問題なかった。
選んだのがcueファイルだけでもちゃんと音楽CDのコピーができた。
よかった。

きっと今はCDを複製することなんてめったにないんだろうな。
だってデータにして持ち歩いちゃうもんね。
ポータブルCDプレーヤーを持ち歩いて聴く人なんてほとんどいないだろうな。
そもそも握手券ないとCD売れない時代だしね。

たかがCDのコピーで時代の流れを感じたわ。

次回CDをコピーするときはやり方忘れてるんだろうなー。
その時はまた調べればいいやね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0