So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっと偉くなった気分 [中国生活]

先週、日本に戻って来たよ。

中国済南空港から韓国仁川(インチョン)空港経由で羽田空港。

私はたいてい通路側を希望するんだけど、今回通路側取れなかった。
済南からインチョンまでは窓側の非常口の席だった。
インチョンから羽田までは非常口じゃない普通の通路側取れたんだけどね。

済南空港の受付のお姉さんが、めずらしくとても感じのいい人だった。
私は相変わらずなんちゃって英語だったけど、会話が弾んだ。

「えー、通路側ないんですか?」
「ええ、ごめんなさいね。でも非常口のところは広いわよ」
「うーん」
「それに緊急時すぐ脱出できるわよ」←これ!
「そんなの、起こらないことを祈るよ」
「あはは、そうね」

てな具合に。

私、はっきり言って英語あんまりわからない。
ただ単語つなげて想像するのは割と得意なのでどうにかなっている(気がする)。

で、矢印の部分の
「それに緊急時すぐ脱出できるわよ」
なんだけど、たぶん違うこと言ってたんじゃないかって後で気づいた。
だって調べてみたら、非常口の席って緊急時に誘導しなきゃならないみたいじゃん。

非常口の席は、非常事態にフライトアテンダントのお手伝いしなきゃならないんだよね。
ある意味特別席なんだってね。

そういえば、私の隣の隣の通路側の体格のいいお兄さんは
非常事態に備えて、何度も何度もパンフレット確認してたっけ。
私なんてよくわかってないのに、フライトアテンダントのお姉さんが来て
非常事態の説明しようとした時に、
もうわかってるよ風な笑顔で「OK!」なんて言っちゃったりして。

今回は何もなかったからよかったけど、今度非常口席に選ばれたら
ちゃんと責任を果たさないとね。
と、その前に責任を果たすような状態にならないことを祈るわ。

ちなみに、韓国仁川(インチョン)から羽田でも
乗る直前のチケットチェックのお姉さんに席の変更を言われて、
非常口の通路側の席になった。
なんかごちゃごちゃ言われたんだけど、よくわからなくてムッとしてたんだけど
通路側だったので笑顔で「問題ないよ」って。
きっとごちゃごちゃ言ってたのは、非常口の席の説明をしてたんだろうな。
よくわからなかったけど。

大韓航空、不安はいっぱいあったけど、
いい経験させてもらったから感謝しないと。
他の航空会社だったら、私なんて選ばれないわ。

飛行機の乗る機会はこれからもまだあるけど、
席より何より、事故がないことをホント祈るわ。

やっぱ安全第一だよね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0