So-net無料ブログ作成
検索選択

学歴認証は時間がかかる [中国生活]

もう日本に帰ってきてるのだが、一応カテゴリは中国生活。

仕事の関係で、学歴認証なるものが必要になった。

今まで学歴の証明は卒業証書の原本やコピーで済んでいたのだが、
中国の制度が変わったらしく、それじゃビザが発行できないとのこと。
だから中国大使館で公証認証を受けた卒業証明書を取らなければならなくなった。

やったこと。

1.卒業証明書を取得。
これは、大学が近所なら自分で取りに行けばいいんだけど、
私の場合は遠いので郵送で送ってもらった。
手配から5日くらいで届いた。
証明書発行手数料と郵送料で600円くらい。

2.外務省で公印確認申請。
郵送申請しようと思ってたんだけど、早くても10日くらいかかるようなので
直接外務省へ行った。
翌日午前に受け取ることができるので、申請した日は東京に一泊した。
翌日午前9時過ぎに外務省へ受け取りに行った。
手数料などは無料。
私の場合はホテル代かかったけど、一度家に戻って取りに行くのと比べると
断然ホテルに泊まったほうが安いし便利。

3.中国大使館で商事認証。
午前9時過ぎに外務省から受け取った書類を持って、
その足で中国大使館へ。
外務省が霞が関なので、日比谷線で六本木へ。
六本木駅から中国大使館へは10分くらい。
必要書類を持って2階の受付へ。
そこでカード番号を渡され、本当の窓口へ。
書類に不備がなければ1階で5000円の券を買って、再び同じ窓口へ。
受け取りを宅配便にしたので、着払いで1500円~2000円かかるとの事だった。
結果は1544円だった。
一週間くらいかかるとのことだったが、一週間かからず届いた。

今回はえらく順調だったので2週間ちょっとで
中国大使館の認証入り卒業証明書が手に入ったが、
3週間くらいはかかると思ったほうがいい。
外務省での手続きを郵送申請郵送受け取りにしたら、
一週間余分にかかって、計4週間はみたほうがいいんだろうね。
土日は大学も役所も動かないからね。

もちろん、大学、外務省、中国大使館が近所で自分で行ける人は
早く入手できるよね。

月曜日。
大学で卒業証明書を即日発行してもらって、
その足で外務省に行って申請。

火曜日。
外務省で証明書を受け取って、
その足で中国大使館に行って申請。

金曜日。
大使館へ行って、証明書を受け取り。

順調ならこんな感じ。
でも大学によっては即日発行できないかもしれないし、
土日挟めば当然日にちはかかる。

ビザを取るのも面倒だけど、
ビザを取るための書類準備も面倒だよね。

今回は健康診断を中国でやってきちゃってたので、
その手間が省けてよかった。
日本でやったら中国の3倍くらいのお金かかるしね。

これで、ビザ申請の書類が中国から届くのを待つのみ。
まぁ、届いたらまた中国大使館に行かなきゃならないんだけどね。

ひとまず、安心、一段落。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。