So-net無料ブログ作成
検索選択

これが現実(バスケットボール女子) [リオオリンピック]

朝から家族の
「これで銀以上確定!」
で目が覚めた。

朦朧としながら、そんな競技なかったよな、なんて思っていたら
家族の勘違いだった。

バスケットボール女子、対オーストラリア戦。
第3クォーター終わったところで、勝負が決まったと思ったらしい。
バスケよくわかってないから、バレーボールと同じで3セット取ったら勝ちって思ったみたい。

確かに第3クォーター終わった時点では日本がリード。
家族はかなり楽天的だったけど、私は心配だったよ。
だってバスケって流れのスポーツだからね。
まぁ、バレーだって卓球だってそうだけどさ。

第3クォーターまでの戦いぶりを見てなかったからなんとも言えないけど、
第4クォーターだけなら「これが今の日本の実力だよな」って。
やっぱり実力じゃ勝てないわな。
実力以上で戦わないと。

気になったのは、シュートへの欲。
ゴール近くでもパスのためにしかボールもらってない選手とかいたし。
そんなんじゃ誰も引きつけられないじゃん。
相手に楽させてるだけじゃん。

組織プレーって大事だけど、バスケってそれだけじゃダメだよね。
日本は身体能力で劣る分組織プレーは重要だけど、
個人のギリギリ出さないと世界には勝てないよ。

そんなことはみんなわかってるわな。
頭で理解できてもできるかどうかは別問題。

世界ランク2位のオーストラリアに第3クォーター終了時点で勝ってたから
こっちも期待しちゃったよね。
悔しいけど、いい夢見させてもらったわ。

さて、決勝トーナメント進出は確定なんだよね。
ここからどうやっていくか。
ベンチが重要になるよね。
頼むよ、コーチ陣。

頑張れ、ニッポン!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。