So-net無料ブログ作成

Zビザ、個人申請できません [中国生活]

※2016年10月27日より制度変更のため個人申請ができるようになった模様。

2年前は個人で申請できたZビザの申請。

中国大使館のHPに2015年7月31日付で
個人申請ができないとのことが書かれているんだけど、
てっきり観光ビザだけかと思ったよ。
だって一部の申請って書いてあるんだもん。
商事認証は個人でできたから、就労ビザも大丈夫だろうと
都合のいいように解釈しちゃったよ。
だって中国っていい加減じゃん!

で、六本木の中国大使館に行ったらさっそく受付で
「お仕事のビザ申請は個人ではできません」
って言われちゃった。
旅行会社を通して代理申請してくださいって、紙渡されたよ。
大使館のHPに載ってる旅行会社のリストね。

わざわざ3時間くらいかけて大使館まで来て
何もせずに帰るわけにもいかないので、
代理申請可能な旅行会社の中で
大使館に一番近いところを教えてもらった。

『日本飛鶴国際旅遊公司』(クレーンインターナショナル株式会社)。

住所と電話番号しか載ってないのに、プリペイド携帯の期間切れで電話もできない。
公衆電話もどこにあるかわからないので、ダメ元で六本木ヒルズで聞いてみた。
六本木ヒルズのインフォメーションのお姉さん、とてもいい人だった。
懇切丁寧に教えてくれて、地図もくれて印まで書いてくれた。
ヒルズのお姉さん、ありがとう。
六本木駅のすぐ近くで大使館から5分くらいのところだったのだが、
入口がわかりづらくて、近くにいたヤマト運輸のお兄さんに教えてもらった。
ヤマトのお兄さん、ありがとう。

『日本飛鶴国際旅遊公司』、非常にいい感じの会社だった。
マンションの一室で、オフィスというより事務所って感じ。
飛び込みで手数料も知らずに行ったからかなり不安だったんだけど、
対応してくれた女性がいい人で、料金も6000円。
旅行会社の手数料は3000円。
たぶん相場。
もっと安いところもあるかもしれないけど、労力を考えると最適なところだった。
今後もこの会社にお世話になると思う。

インターネットで個人申請についていろいろ調べたけど、
自分が実際に行って断られてすっきりしたわ。
代理申請可能な旅行会社のひとつにも実際に行って
安心できるところを見つけられてラッキーだった。
百聞は一見に如かずだからね。

あとは着払いで送られてくるビザを待って、いざ中国へ。

ビザ、無事取れるといいなー。



素晴らしい銀!(4×100mリレー男子) [リオオリンピック]

いや、すごかった!
まさかだよ、まさか!

予選では調子よかったけど、それ以上は無理だって思ってた。
予選が異常によかったんだと思ってた。
でもそれ以上だった。

だって100mのファイナリストいないんだよ!
それなのに銀だよ銀、銀メダルだよ!
ジャマイカに次いで2位だよ!
アメリカ失格になっちゃったけど、失格じゃなくても2位だよ!

最高のパフォーマンス!
それがオリンピックでできるなんて素晴らしい!
素晴らしすぎる!

毎度のことだけど、オリンピックのメダルには元気をもらってるよ。

残りあと僅か。
頑張れ、ニッポン!



言葉が出ない(レスリング女子) [リオオリンピック]

吉田沙保里選手、負けちゃったね。

勝ったまま辞めないかぎり、いつか負けるのはわかってたんだけど、
こういう形だったかぁ。

夜、頑張って起きて、初戦と準決勝を見たんだけど、
安心して見ていられた。
初日の金メダル取った3人のときは不安だったんだけど、
吉田選手の試合はこれなら大丈夫って思った。

でもダメだった。

すっかり安心してたから、朝起きてびっくりしたわ。

銀だってすごいんだよ!
世界で2番目に強いってことなんだから。
私なんてオリンピックに出たことないし、
メダルだって取ったことない!
当たり前だけど。

でもメダルの中で銀だけが最後負けて取れるメダルなんだよね。
負け終わりって気分悪いよね。

何をどう言っていいかわからない。


川井梨紗子選手はすごかったね。
まさかメダル取るとは思わなかった。
それも金!

全然知らない選手だったんだけど、
解説の人の話で、本当は58キロ級だけど伊調選手がいるから
階級上げて出場したって言うから、難しいだろうな、と。
だって今までの対戦相手より重量上の相手と戦わなきゃならないんでしょ?
もちろん準備してきたってのはあるかもしれないけど、
それでもそう簡単にはいかないだろうなって思ってたよ。

初戦見たときは普通に応援してたけど、
決勝は祈るように見ちゃったよ。
吉田選手の結果知ってたから、どうにか頑張れってね。

レスリングって、大逆転があるじゃん。
初日は全部逆転して勝ったけど、それって逆転されて負けることがあるってことじゃん。
決勝は川井選手が攻めてたし、優位に戦ってるように見えたけど、
もしかしたらってのがあって、すごく心配だった。
だから勝ったときは嬉しかったし、
栄監督を投げたり肩車したの見たら、ほのぼのした。
日本っていいな、日本人でよかったって思ったよ。

やっぱり強いってかっこいい!

これからも頑張れ、ニッポン!



すごいとしか言いようがない!(レスリング女子) [リオオリンピック]

すごい!
すごい!すごい!
すごい!すごい!すごい!

レスリング女子、3階級金メダル!

昨日の夜、一回戦だけは見たんだよね。
伊調馨選手は知ってたけど、
登坂絵莉選手、土性沙羅選手は初めて見たよ。

私、レスリング女子で一番強いのは
伊調妹だとずっと思ってるんだよね。
まだ伊調姉、京子ちゃんが出てた頃のオリンピックで
一番強いって思った。
もちろん吉田沙保里選手も強いんだけど、
なぜだか伊調妹に強さを感じてたんだよね。

今朝、特に決勝戦を見ようと思ってなかったんだけど、
早く目覚めてしまい、そわそわしてテレビの前へ。
伊調選手は決勝戦に残ってるだろうと思ったけど、
登坂選手、土性選手に関しては、
残ってるといいなー、くらいだった。

そしたら、登坂選手金メダルだってじゃん!
私は伊調選手に合わせて起きたので、
登坂選手の金の瞬間に立ち会えなかったよ。
もったいないことしたなー。

でも伊調選手の試合は見られたよ。
イメージではもっと圧倒的に強かったんだけど、
今回は静かに強かった。
正直、もうダメかと思った。
でも相手のロシア選手の表情見てたら
これはちゃんと勝ったんだなってわかった。

ちょっと前に見た男子の試合で、不可解な判定でどっかの国が負けてたし、
女子でも納得できなくて、最後なかなか審判のところにいかない選手がいたりしたし。
日本には気持ちよく勝ってほしいな、と。

土性選手もダメかと思った。
積極的に攻めてる気がしなくて、こりゃ無理だなーなんて思ってた。
そんなことなかった。
相手を見てたんだね。
ロシアの選手、見るからにバテてたもんね。
チャンスを待ってたんだね、きっと。

今回つくづく最初の人って大事だって思ったよ。
別に団体戦ってわけじゃないけど、
今回の3階級金メダルは登坂選手の存在が大きい気がする。
勢いってやつ?
登坂選手が金メダル取って、伊調選手は当然かもしれないけどやっぱり金取って、
土性選手がその金メダルの流れ、雰囲気に後押しされてまたまた金を取る。

卓球女子、伊藤選手が取ってればなー、ってのがあるから
そう感じるのかも。

今夜から明日の朝にかけても残りの階級の試合があるんだよね。
今できる力を全部出して、いい試合をしてほしい。

頑張れ、ニッポン!


これが現実(バスケットボール女子) [リオオリンピック]

朝から家族の
「これで銀以上確定!」
で目が覚めた。

朦朧としながら、そんな競技なかったよな、なんて思っていたら
家族の勘違いだった。

バスケットボール女子、対オーストラリア戦。
第3クォーター終わったところで、勝負が決まったと思ったらしい。
バスケよくわかってないから、バレーボールと同じで3セット取ったら勝ちって思ったみたい。

確かに第3クォーター終わった時点では日本がリード。
家族はかなり楽天的だったけど、私は心配だったよ。
だってバスケって流れのスポーツだからね。
まぁ、バレーだって卓球だってそうだけどさ。

第3クォーターまでの戦いぶりを見てなかったからなんとも言えないけど、
第4クォーターだけなら「これが今の日本の実力だよな」って。
やっぱり実力じゃ勝てないわな。
実力以上で戦わないと。

気になったのは、シュートへの欲。
ゴール近くでもパスのためにしかボールもらってない選手とかいたし。
そんなんじゃ誰も引きつけられないじゃん。
相手に楽させてるだけじゃん。

組織プレーって大事だけど、バスケってそれだけじゃダメだよね。
日本は身体能力で劣る分組織プレーは重要だけど、
個人のギリギリ出さないと世界には勝てないよ。

そんなことはみんなわかってるわな。
頭で理解できてもできるかどうかは別問題。

世界ランク2位のオーストラリアに第3クォーター終了時点で勝ってたから
こっちも期待しちゃったよね。
悔しいけど、いい夢見させてもらったわ。

さて、決勝トーナメント進出は確定なんだよね。
ここからどうやっていくか。
ベンチが重要になるよね。
頼むよ、コーチ陣。

頑張れ、ニッポン!


シェイラ!(バレーボール女子) [リオオリンピック]

バレーボール女子、対ブラジル戦。
楽しみにしてたんだよね。
開催国との対戦。
どんなもんだろうなー、と。

とはいえ、2セット目の後半くらいからとびとびでしか見られなかったんだけど、
日本弱かったね。
ブラジル強いのかなー。
まだ本気出してないだけかな?

日本より、ブラジルに目が行っちゃったよ。
シェイラだー!
ジャケリネだー!
ファビアナだー!
タイーザだー!

知ってる人けっこういる!

あれ?
ファビはいないのかな?
マリもいないなー。

今調べてみたら、リベロのファビは引退。
マリは代表にロンドンも今回も代表に選ばれてないんだね。

ブラジル、地元開催で優勝できるかな?
今回の優勝候補ってどこなんだろ?

オリンピック楽しんでるけど、
勉強不足でいろいろわからないことが多い。

サッカー男子は次に進めないってのはわかったけど、
それが決勝リーグなのか、トーナメントなのか?

バスケット女子は調べたからわかる!
今のリーグで上位4チームまで入れれば、
決勝トーナメントに進める。

バレーはどうなんだっけ?
たぶん実況の人や解説の人が説明してるんだろうけど、
夢中度が低くて聞き逃してるんだよね。

できるだけ長く、日本選手を楽しみたいなー。

頑張れ、ニッポン!



セッターって重要よね(バレーボール女子) [リオオリンピック]

見るつもりはなかったのに、見続けてしまったカメルーン戦。

第1セットの後半から見たんだけど、最初に気になったのは解説の声。
かすれたしゃがれた声だなーって。
男で解説できるような人って河合さんくらいしか思い浮かばないけど違うよなー。
あと可能性があるのは柳本さんだけど、こんな声じゃないし。
結局わからないまま見ていたら、寺廻さんだった。
そっかー、寺廻さん全日本男子の監督やってたし、
私がバレー観戦に夢中だった頃のJT女子の監督だったっけ。

寺廻さんいいね。
はっきり言うから。
今の時代に合ってる戦術なのかわからないけど、
いいことも悪いこともはっきり言うのは気持ちいい。

大林さんは選手目線と女性目線で
悪いことあまり言わないもんね。
解説者向きなんだね。
それはそれでいいと思うけど、
韓国戦はもどかしい部分がたくさんあったから
ズバズバ言ってほしかった。

で、カメルーン戦。
田代選手よかったね。
日本のバレーを見ているようだったよ。
今までも日本選手がバレーやってたけど、なんか違ったんだよね。
安心して見てられたわ。
こんなにいい選手だとは思わなかった。
とはいえ、カメルーン相手だからなんとも言えないわな。

次はブラジルか。
地元かつ強いから思いっきりやるだけだよね。

引き続き、頑張れニッポン!



日本、やっぱりダメかな?(バレーボール女子) [リオオリンピック]

オリンピック、バレーボール女子、対韓国戦、負けちゃったね。

うーん、なんかときめかないんだよね。
1セット目は勝ったけど、韓国の調子が悪かっただけだし。
2セット目以降が今の日本って感じなんだろうなって。

私、元日本代表セッターの竹下さん、小さいから厳しいって思ってたけど、
やっぱり上手な方がいいね。
ないものねだりなのは重々承知なんだけど。
竹下さん、今までごめんなさい。

やっぱりセッターって重要なんだなって改めて感じたよ。
今、日本に上手いセッターっていないのかね?

ちなみに今思い出せる私にとっての上手いセッターは
岡野さんだった。
岡野さん、もう引退してるよね?
今何してるのかしら?

さて、リオオリンピック、今の日本代表。

宮下選手に優しさを感じないんだよね。
選手同士で感じてるんならいいんだけど。
とりあえず上げているだけ、みたいな。
あとはよろしくね、みたいな。
ヨーロッパとかの高い選手がガンガン打ってくれるチームなら
きっといいセッターなんだろうよ。

東京五輪に向けて育成してるのかしら?

まぁ、もうメンバーは変えられないんだし、頑張るしかないよね。

頑張れ、ニッポン!



学歴認証は時間がかかる [中国生活]

もう日本に帰ってきてるのだが、一応カテゴリは中国生活。

仕事の関係で、学歴認証なるものが必要になった。

今まで学歴の証明は卒業証書の原本やコピーで済んでいたのだが、
中国の制度が変わったらしく、それじゃビザが発行できないとのこと。
だから中国大使館で公証認証を受けた卒業証明書を取らなければならなくなった。

やったこと。

1.卒業証明書を取得。
これは、大学が近所なら自分で取りに行けばいいんだけど、
私の場合は遠いので郵送で送ってもらった。
手配から5日くらいで届いた。
証明書発行手数料と郵送料で600円くらい。

2.外務省で公印確認申請。
郵送申請しようと思ってたんだけど、早くても10日くらいかかるようなので
直接外務省へ行った。
翌日午前に受け取ることができるので、申請した日は東京に一泊した。
翌日午前9時過ぎに外務省へ受け取りに行った。
手数料などは無料。
私の場合はホテル代かかったけど、一度家に戻って取りに行くのと比べると
断然ホテルに泊まったほうが安いし便利。

3.中国大使館で商事認証。
午前9時過ぎに外務省から受け取った書類を持って、
その足で中国大使館へ。
外務省が霞が関なので、日比谷線で六本木へ。
六本木駅から中国大使館へは10分くらい。
必要書類を持って2階の受付へ。
そこでカード番号を渡され、本当の窓口へ。
書類に不備がなければ1階で5000円の券を買って、再び同じ窓口へ。
受け取りを宅配便にしたので、着払いで1500円~2000円かかるとの事だった。
結果は1544円だった。
一週間くらいかかるとのことだったが、一週間かからず届いた。

今回はえらく順調だったので2週間ちょっとで
中国大使館の認証入り卒業証明書が手に入ったが、
3週間くらいはかかると思ったほうがいい。
外務省での手続きを郵送申請郵送受け取りにしたら、
一週間余分にかかって、計4週間はみたほうがいいんだろうね。
土日は大学も役所も動かないからね。

もちろん、大学、外務省、中国大使館が近所で自分で行ける人は
早く入手できるよね。

月曜日。
大学で卒業証明書を即日発行してもらって、
その足で外務省に行って申請。

火曜日。
外務省で証明書を受け取って、
その足で中国大使館に行って申請。

金曜日。
大使館へ行って、証明書を受け取り。

順調ならこんな感じ。
でも大学によっては即日発行できないかもしれないし、
土日挟めば当然日にちはかかる。

ビザを取るのも面倒だけど、
ビザを取るための書類準備も面倒だよね。

今回は健康診断を中国でやってきちゃってたので、
その手間が省けてよかった。
日本でやったら中国の3倍くらいのお金かかるしね。

これで、ビザ申請の書類が中国から届くのを待つのみ。
まぁ、届いたらまた中国大使館に行かなきゃならないんだけどね。

ひとまず、安心、一段落。



ちょっと偉くなった気分 [中国生活]

先週、日本に戻って来たよ。

中国済南空港から韓国仁川(インチョン)空港経由で羽田空港。

私はたいてい通路側を希望するんだけど、今回通路側取れなかった。
済南からインチョンまでは窓側の非常口の席だった。
インチョンから羽田までは非常口じゃない普通の通路側取れたんだけどね。

済南空港の受付のお姉さんが、めずらしくとても感じのいい人だった。
私は相変わらずなんちゃって英語だったけど、会話が弾んだ。

「えー、通路側ないんですか?」
「ええ、ごめんなさいね。でも非常口のところは広いわよ」
「うーん」
「それに緊急時すぐ脱出できるわよ」←これ!
「そんなの、起こらないことを祈るよ」
「あはは、そうね」

てな具合に。

私、はっきり言って英語あんまりわからない。
ただ単語つなげて想像するのは割と得意なのでどうにかなっている(気がする)。

で、矢印の部分の
「それに緊急時すぐ脱出できるわよ」
なんだけど、たぶん違うこと言ってたんじゃないかって後で気づいた。
だって調べてみたら、非常口の席って緊急時に誘導しなきゃならないみたいじゃん。

非常口の席は、非常事態にフライトアテンダントのお手伝いしなきゃならないんだよね。
ある意味特別席なんだってね。

そういえば、私の隣の隣の通路側の体格のいいお兄さんは
非常事態に備えて、何度も何度もパンフレット確認してたっけ。
私なんてよくわかってないのに、フライトアテンダントのお姉さんが来て
非常事態の説明しようとした時に、
もうわかってるよ風な笑顔で「OK!」なんて言っちゃったりして。

今回は何もなかったからよかったけど、今度非常口席に選ばれたら
ちゃんと責任を果たさないとね。
と、その前に責任を果たすような状態にならないことを祈るわ。

ちなみに、韓国仁川(インチョン)から羽田でも
乗る直前のチケットチェックのお姉さんに席の変更を言われて、
非常口の通路側の席になった。
なんかごちゃごちゃ言われたんだけど、よくわからなくてムッとしてたんだけど
通路側だったので笑顔で「問題ないよ」って。
きっとごちゃごちゃ言ってたのは、非常口の席の説明をしてたんだろうな。
よくわからなかったけど。

大韓航空、不安はいっぱいあったけど、
いい経験させてもらったから感謝しないと。
他の航空会社だったら、私なんて選ばれないわ。

飛行機の乗る機会はこれからもまだあるけど、
席より何より、事故がないことをホント祈るわ。

やっぱ安全第一だよね。